AACKおよび関連団体、会員の皆様から寄せられた、催し情報やお知らせをご紹介いたします
  • 2020.05

AACK総会

2020年AACK総会は、5月23日に楽友会館でおこないます。
  • 2020.03

AACK理事会

2020年のAACK理事会は3月20日におこないます。
  • 2019.06

訃報:高村泰雄さん

本会元会長(第9代、1993-1997)の高村泰雄さん(京都大学名誉教授)が6月4日、多臓器腫瘍のため享年84歳で逝去されました。
  • 2019.05

AACK総会

[開催報告追記] AACK総会を、2019年5月25日(土曜日)に楽友会館にておこないました。
  • 2019.03.

AACK理事会

下記のとおりAACK理事会を開催いたします。 日時 2019年3月21日(木)午後1時半~ 場所 芝蘭会館別館 国際交流会館 (1F和室)
  • 2019.02

今西錦司氏随筆集『生物レベルでの思考』

2019年2月に平凡社から今西錦司氏の随筆集が刊行されます
  • 2018.11

没後30年 桑原武夫展

桑原武夫・第3代AACK会長(福井県敦賀市生まれ)の業績を紹介する企画展「没後30年 桑原武夫展」が11月3日から福井県ふるさと文学館で始まります。
  • 2018.09

第46回雲南懇話会

第46回雲南懇話会
日時: 2018年9月29日(土)13時~
場 所: 東京慈恵会医科大学(東京・新橋)
主催:雲南懇話会
共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会(AACK)
詳しくは、雲南懇話会ホームページでご確認ください。
  • 2018.08.

「山の日」全国大会

第3回「山の日」記念全国大会が8月10・11日に鳥取で開催されます
  • 2018.07

第45回雲南懇話会

日程: 2018年 7月 7日(土) 場所: 東京慈恵会医科大学1号館6階講堂 主催:雲南懇話会 共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会(AACK)
  • 2018.05.

2018年度AACK理事会・総会予定

●理事会 
とき:2018年5月26日(土)13:00から
ところ:楽友会館 2階会議・講演室

●総会
とき:2018年5月26日(土)14:30から
ところ:楽友会館 2階会議・講演室

会場は、「樂友会館」ですので、ご注意ください。
  • 2018.04.

第44回雲南懇話会

日程:2018年4月21日
  • 2017.12.

第43回雲南懇話会

日時: 2017年 12月23日
場所: 国際協力機構(JICA)研究所
主催:雲南懇話会
共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会(AACK)
  • 2017.10.

京都大学・ブータン友好60周年記念シンポジウム

※事前申し込み制 平成29年10月25日(水)14:00~17:00 京都大学国際科学イノベーション棟
  • 2017.09.

第42回雲南懇話会

日時: 2017年9月24日
場所: 明治大学駿河台校舎
主催:雲南懇話会
共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会(AACK)
  • 2017.07.

第41回雲南懇話会

日時: 2017年7月17日
場所: JICA市ヶ谷ビル国際会議場
主催:雲南懇話会
共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会(AACK)
  • 2017.05.

AACK総会のご案内

2017年5月28日(日)
理事会 12:30-14:30
総会 14:30-15:30
  • 2017.04.17

第40回雲南懇話会のお知らせ

第40回雲南懇話会『シルクロードゆかりの地域特集』 日時: 2017年4月17日(月)12時45分~ 場 所: JICA市ヶ谷ビル、国際会議場 主催:雲南懇話会 共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会(AACK)
  • 2017.01.
  • 管理人

南極観測60周年記念講演会・展示会

とき:2017年1月22日 ところ:一橋講堂
  • 2016.12.

第39回雲南懇話会

日時; 2016年 12月10日(土)12時45分~17時30分 場 所; JICA市ヶ谷ビル(旧国際協力総合研修所)国際会議場
  • 2016.12
  • 阪本公一氏寄稿

積雪期京都北山縦走

  • 2016.11.

AACK会員・森本悠介さんらが、ナンガマリ2峰初登頂

日本山岳会関西支部東ネパール登山隊2016(隊長、重廣恒夫さん)が初登頂に成功しました。おめでとうございます。
  • 2016.08.

「山の日」記念全国大会

長野県松本市にて、第1回「山の日」記念全国大会が開催されます。
  • 2016.08

企画展「マナスル60周年 探検からサイエンスへ」

日時:8月2日~9月4日(入場無料) 場所:京都大学百周年時計台記念館 歴史展示室
  • 2016.07.

2016年度・笹ヶ峰ヒュッテ一般公開のお知らせ

2016年の開放期間 夏:2016年8月9日から21日 秋:10月8日から10月16日
  • 2016.07.
  • 高村奉樹氏寄稿

春山合宿 毛勝三山より剱岳

1955年3月1日~31日
  • 2016.07.

国際シンポジウム ブータンの自然と文化のための学術の創発

山がとりむすんだブータン王国と京都大学の縁を一層深めることを目的とし、 ブータン王立大学の総長らをお迎えして国際シンポジウムを開催いたします。
  • 2016.07

記録映画「マナスルに立つ」デジタル化

7月11日、毎日新聞朝刊に記録映画「マナスルに立つ」デジタル化についての記事が掲載されました。
  • 2016.07

写真展「ブータンの山と文化」於:京都大学

昨年度松本市美術館で成功裏に閉幕した写真展『ブータンの山と文化』が、京都大学に会場を移して展示再開いたしました。 7月1日から京都大学百周年時計台記念館正面入り口はいってすぐの「京大サロン」に、 1985年のマサコン初登頂時に撮影された写真などの、大きな写真パネルが展示されています。 ぜひ足をお運びください。
  • 2016.06.

第37回雲南懇話会

2016年6月25日に、東京/市ヶ谷にて第37回雲南懇話会を共催いいたしました。 (主催:雲南懇話会、共催:京都大学ヒマラヤ研究ユニット・京都大学学士山岳会)
  • 2016.06.

訃報:吹田啓一郎さん

本会理事の吹田啓一郎さん(京都大学工学研究科教授)が6月5日、 膵臓ガンのため享年57歳で逝去されました。 海外登山歴: 1983年京都大学ブータン・ヒマラヤ踏査隊。 1985年日中友好ナムナニ峰隊、初登頂に成功する。 本会を代表して、謹んで哀悼の意を表します。 京都大学学士山岳会会長、松沢哲郎
  • 2016.04

マナスル登頂60周年記念、毎日新聞連載「神の山よ」

マナスル登頂60周年を記念し、毎日新聞にて、「神の山よ」 と題した連載がおこなわれています。 新聞社webサイトでも、記事バックナンバーがご覧いただけます。ぜひどうぞ。
  • 2016.03

山が教えてくれた科学 京大2教授が語る

松林公蔵氏(東南アジア研究所教授)・松沢哲郎氏(霊長類研究所教授)対談記事:「山が教えてくれた科学 京大2教授が語る」が毎日新聞京都版に掲載されました。(※肩書きは2016年3月当時のものです)
  • 2016.02
  • 山崎洋介氏寄稿

2015ヨセミテ

  • 2016.01

マナスル初登頂60周年

記念特設ホームページが開設されました
  • 2015.12.18
  • 藤田耕史氏寄稿

ネパール大地震に関する論文 in Science

ネパール大地震(ゴルカ地震)による自然災害に関する論文がサイエンスのオンライン版に載りました。名古屋大の雪氷圏研究グループからは、藤田、坂井、Lamsal(ネパール人研究員)、Ojha(ネパール人留学生)が参加しています。
  • 2015.12.
  • 管理人

名古屋大学雪氷圏研究グループからのお知らせ

ブータンの氷河質量収支に関する論文が出版されました
  • 2015.12

栄誉:田中二郎さん(1959年入部)

田中二郎さんが、大同生命地域研究賞および国際狩猟採集民学会第1回生涯功績賞 (Life Time Achievement Award)を授与されました。
  • 2015.11.

坂本龍太氏(京都大学白眉センター助教)講演のお知らせ

11月21日 (土)15:00~17:00 / 甲南大学西宮キャンパス 501号室
  • 2015.10.

30年前の1985年KUACマサコン峰遠征隊を振り返るとともに2015年KUACブータン・トレッキング隊の報告を聞く会

日時:2015年10月10日(土)
場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
  • 2015.09.

京都大学ブータン遠征隊2015

Kyoto University Bhutan Mission 2015

京都大学ブータン遠征隊2015
9月11日、京都大学山岳部(KUAC)および京都大学学士山岳会(AACK)のメンバーで構成された、 京都大学ブータン遠征隊が無事帰国いたしました。
  • 2015.09

松尾稔さんが逝去されました

松尾稔さん(1936.7.4-2015.5.9)が逝去されました。享年78歳。 1969年の京都大学ブータン学術遠征隊のリーダーです。 隊の総隊長は桑原武夫さんでした。 隊は、1969年9月から1970年2月まで、ブータンに滞在し、 東部のタシガンまで行きました。途中で、ブータン最高峰の ガンケルプンツム峰(7570m)の鮮明な写真を撮影しています。 松尾さんは土木工学の専門で、のちに名古屋大学総長をつとめました。 名古屋大学は近年多くのノーベル賞学者を輩出していることで有名です。 「故松尾稔お別れの会」が2015年9月17日に名古屋で開催されました。
  • 2014.12
  • 高村奉樹氏寄稿

ヒマラヤの山々に会ってきました

ニューズレターNo.71 ガネッシュ特集をよんで
  • 2014.10
  • 阪本公一氏寄稿

Exploration in Kinner and Spiti of Indian Himalaya

During June 13 - July 4, 2014
  • 2014.08
  • 安田隆彦氏寄稿

バユナラフ峰(5686m)

  • 2014.03
  • 阪本公一氏寄稿

頭巾山・長老ヶ岳積雪期縦走

2014年3月10日~14日
  • 2013.06.

日本登山医学会公開市民講座

2013年6月16日 登山医学会『登山者と山の民との交響』
  • 2013.06
  • 山田和人氏寄稿

双六周辺

  • 2013.06
  • 山田和人氏寄稿

針ノ木雪渓

  • 2013.04
  • 山崎洋介氏寄稿

五竜GV

  • 2013.02

西堀栄三郎とAACKの山

西堀栄三郎生誕110周年/ ヤルン・カン登頂40周年 記念展示 『西堀栄三郎とAACKの山』